2024.05.02
一戸建て ライフスタイル

【2024年版】新築一戸建て平屋の魅力を再確認!神奈川県の夫婦・親子・中高年向け2人暮らし物件

神奈川県の夫婦や親子や中高年向けの新築戸建平屋の魅力とは

目次

 

新築一戸建ての平屋は、公開されている物件が少ないものの、幅広い年齢層から支持されています。

平屋は2階部分がないことから、生活と家事の動線が短く、移動が効率的で負担を感じにくいからです。

また、階段や踊り場がないことで転倒のリスクが少なくなることから、高齢者となっても安全で快適な住環境を維持できることも改めて見直されています。

神奈川県で新築一戸建てを検討している、

  • DINKs(Double Income No Kids)夫婦
  • 2人暮らし
  • 中高年夫婦

などの世帯は、平屋と相性がよいとされています。

今回は平屋の魅力と、世帯パターンごとに見るべきポイントを解説することにします。

平屋での2人暮らし

2人暮らしの平屋の間取りとしては、2LDKを基準に、小さな納戸やワーキングスペースがあれば十分に快適な暮らしが実現します。

駐車スペースや庭なども含めてコンパクトに設計されている建売住宅であれば、すぐにでも手に届く価格となっている可能性があります。

神奈川県でも郊外であれば土地の相場も下がり、静かな環境が得られるため、自宅では穏やかに過ごしたい場合は、取得候補物件としてチェックしておくべきです。

小回りが利く空間

平屋の特徴として、

  • 生活動線と家事動線の合理性
  • 転倒リスクの少なさ

があります。

例えば夫婦共働きの場合、忙しい朝の支度がしやすいという点が挙げられます。

トイレ、洗面、個室、リビングダイニングという、身支度に必要なスペースへの移動距離が短く、時間のロスが少ないからです。

仕事から帰宅した後も、夕食、入浴、洗濯、睡眠、娯楽においても、小回りが利く間取りにしていれば、負担を感じることがありません。

見通しの良い間取りであれば、常にお互いにコミュニケーションが取りやすく、かつ、個室での自分の時間を楽しむこともできます。

さらに2人ともリモートワーク中心だとしても、それぞれのワークスペースを確保できる点も魅力です。

30坪以下でも十分

建築面積が30坪(約99㎡)もあれば、2LDKのおしゃれな平屋が造れます。

2人暮らしには十分に機能的な生活が可能です。

現に25坪(約83㎡)程度の建築面積でも、開放的で広々と感じさせる平屋の建築事例が、ネット検索でたくさん見ることができます。

これは国土交通省が公表している「居住面積水準」(住生活基本計画における「水準」について|国土交通省)が、約23坪(75㎡)ということも関係しており、決して狭いものではないことの根拠ともなります。

子どもを意識的に持たない(DINKs)夫婦であれば、コンパクトな平屋がマッチングしやすく、維持管理やランニングコストも抑えられることから、支持が増えつつあります。

ただし、建築面積は土地の広さを表すものではなく、必要な土地の面積は建ぺい率で変わるため、都度、算出しなければなりません。

建物面積も表示している神奈川県の新築一戸建て検索が便利です。

平屋での二人暮らしは小回りがきく空間と30坪以下でも十分なところが魅力

夫婦・パートナー向け

生涯共働きで子どもを持たない選択をする夫婦(DINKs)や、パートナーと同居のライフスタイルは増加傾向にあり、それに合わせて新築一戸建ても多様性に対応できるよう工夫されています。

子どもを持たないライフスタイルは、ワークライフバランスを重視する傾向から、各部屋の面積を大きくし、リビングをコンパクトにした間取りの平屋が人気です。

それぞれの生活習慣にフィットする間取りを、お互いがイメージとして共有しておくことが、理想的な平屋を見つけるコツと言えます。

リビングのあり方

リビングをコンパクトにする間取りが人気だと前述しましたが、絶対条件ではありません。

それぞれのライフスタイルを尊重しつつ、最適なサイズのリビングにすることが重要で、お互いのこだわりや理想をしっかり話し合うことが前提です。

たとえばキッチンから見渡せるリビングならば長方形、生活動線を最適化したい場合は正方形のリビングが効率性は高まります。

コミュニケーションの中心であるリビングのイメージがすれ違ったままであれば、どちらかが我慢して生活することになってしまいます。

ワークスペース兼個室

子どもを持たない暮らしは、個人の時間を多く確保できるため、それぞれの趣味やテレワークに集中できる部屋を持つことも重要なポイントです。

平屋のデメリットとして「プライベート空間の確保が難しい」という点がありますが、2人暮らしであれば、ワークスペース兼用の個室を2つ用意するだけで問題が解消します。

また、小さな作業用のオープンスペースを設けることで、簡単な事務作業や書類の整理ができれば、さらに効率は上がります。

さらにクローズドな収納とオープンな収納を上手く使い分けることで、片付けや身支度の効率が良くなります。

リモートワークや副業の普及もあり、あらかじめワークスペース兼個室が盛り込まれた平屋も増加中です。

夫婦やパートナー向けはリビングのあり方やワークスペース兼個室を考える

親子(シングル)世帯向け

母子家庭や父子家庭といったシングル世帯は、成人同士の2人暮らしとは違い、未成年との同居を前提にする必要があります。

基本的には、子育てを考慮した間取りが理想的です。

なお、未成年の子を持つシングル世帯は、「子育てエコホーム支援事業(【新築分譲住宅の購入】|子育てエコホーム支援事業【公式】)」の対象となることもあり、間接的ではありますが最大100万円の支援を受けることができます。

神奈川県でも、独自の子育てや住宅支援を行っている自治体が多いため、当該エリアの市町村役場やウェブサイトで確認することをおすすめします。

安全性を最優先

未成年の子ども、特に小学生以下の年齢においては、自宅内でも思わぬ事故やトラブルにさらされる可能性があります。

ゆえに、なるべく目の届く範囲が広い間取りが理想的です。

とは言え、小さな子どもとの同居では家事の分担ができないことから、どうしても子どもを見ることができない時間が発生してしまいます。

例えば、2LDKの間取りの場合、個室をそれぞれ収納スペースと寝室として使用し、一定の年齢に達するまで、リビングを中心に過ごす方法があります。

狙いとしては、家事をしながらでも、子どもの様子を伺える環境作りです。

子どもが思春期を迎えるころ、収納スペースとして使用していた個室を、子どもの部屋として模様替えすれば、何の問題もありません。

収納されていたモノを断捨離する機会も持てます。

また、和室があれば遊ぶスペースとして限定し、普段の子どもの居場所とすることもおすすめです。

子どもの安全を確保しやすい平屋であれば、家事やリモートワークにも集中できますし、ストレスのない生活を送るポイントといえます。

コミュニケーション重視

子どもとのコミュニケーションは、その成長過程において必ず必要なものです。

その点において平屋は、どの部屋に移動する場合であってもリビングを通るような間取りも多いことから、コミュニケーションが取りやすい面があります。

また、スキップフロアなどの半2階がある平屋も増えており、特殊性のある半個室としてのスペースは、子どもにも好評という声は多いです。

シングル世帯にも適した新築平屋も増えていることから、物件のチェックは欠かせません。

こちらはエリアごとに、神奈川県の新築一戸建て検索ができます。

補助金を含めた資金計画を立てつつ、気に入った建売物件については、すぐに内覧して治安や周辺環境も含めた確認をおすすめします。

親子やシングル向けは安全性を最優先でコミュニケーション重視する

中高年世代向け

老後の生活を考えている中高年世代には、定年退職後のライフスタイルに合った暮らしが実現しやすい、平屋が向いています。

バリアフリーと階段がないことで転倒リスクを減らし、さらに建物自体の重心が低いことから、2階建てよりも構造的に耐風性や耐震性が一般的に高いです。

中高年世代にとって平屋は、安全な生活を確保する上でも、好都合であるといえます。

バリアフリーで効率的な動線

転倒リスクを避けるには、移動のしやすさや歩きやすさも重要で、極力、柱や壁を少なくしてゆとりあるスペースを確保すると、万一、車いすや介護が必要になったとしても不便さが低減します。

そもそも平屋は、玄関のホールや廊下を必要以上に大きく取らない間取りもできるため、余計な体力を使わない生活が可能です。

さらに健康面で言えば、必要以上に間仕切りされた平屋であれば、暖かい部屋と寒い部屋が発生し、極端な寒暖差を原因とするヒートショックのリスクが高まります。

しかし、バリアフリーによって空気の循環が良ければ、各部屋の温度や湿度もコントロールしやすく、季節変動による身体へのストレスも軽減することができます。

ローコストな暮らし実現

中高年世代の夫婦の不安材料としては、健康面だけでなく経済面も挙げられます。

特に、子どもが独立して2階建てを持て余すため、売却しての住み替えを検討する場合は、コンパクトな平屋を希望されるケースは多いです。

一般的に、平屋は2階建てと比較して、建築材料が少なくなり、さらに設備用の配管なども短くなることで建築コストが下がる傾向になります。

つまりコンパクトな平屋は、土地の相場を抜きにすれば、比較的手に入れやすい金額で販売されやすく、資金計画次第では老後の生活費に余力を残したまま購入の可能性もあります。

ただし、初期費用は予算内に納まったとしても、ランニングコストも含めて資金計画を検討すべきです。

固定資産税や将来の譲渡または相続まで考えると、駅近などの土地の相場が高い沿線よりは、閑静な郊外が現実的と言えます。

中高年世代向けはバリアフリーで効率的な動線が人気でローコストな暮らしを実現

まとめ

平屋の新築一戸建ては、さまざまな世帯が関心を寄せています。

あえて2階建てが多い中で平屋を選ぶのは、ライフスタイルの多様性も理由のひとつと考えられます。

特にDINKs夫婦やシングル世帯、中高年世代においては、2階建てが理想のライフスタイルとマッチしないことが多く、平屋には適性があると認識され始めていることも確かです。

ゆえに、世帯の状況に応じて、設計の自由度が高い平屋住宅を提案できるハウスメーカーは、顧客第一という観点から信頼に値すると考えます。

神奈川県で一戸建ての平屋を探したいときは、リブワークのe建売netにお任せください。

また、神奈川県で新築の一戸建てで平屋の購入を検討している方は、リブワークにぜひご相談ください。

会員限定物件1,912件を閲覧できます!

会員になると、新着新築一戸建てを自動でマッチングし通知する「希望条件マッチング機能」や
会員限定物件をすぐに閲覧することができます!

今すぐ会員登録する