2021.08.20
ライフスタイル

ライフスタイルの多様化に適した住宅選びとは?

ライフスタイル別の住宅購入について

目次

 

就職や結婚、転勤や定年退職など人生を変える機会が度々訪れます。

 

その度に「いま住んでいる家をリフォームしたい」「夫婦2人には広すぎるから引っ越したい」など、色々考える場合も出てきます。

そんな時どうしたら良いか分からない場合ありませんか?

 

この記事はライフスタイルの多様化に適した住宅選びをテーマにお送りします。

ライフスタイルがもたらした住宅購入の変化や状況別におすすめしたい住宅の種類など。ライフスタイルの変化と住宅購入は関連性があるのです。

ライフスタイルの多様化で住宅購入にも変化が見られる

最初に、ライフスタイルの多様化で変化が見られる住宅購入を掘り下げていきます。

 

ライフスタイルの多様化によって、住宅に対する考え方やは変わってきました。

長い人生の中で多額の費用が必要になる場合は、子供の教育資金や住宅購入資金、老後の生活費の3つです。

 

マイホーム購入を望むなら無理のない支払い計画が必要ですし、親世帯と近くに住んだり同居する場合は『フラット35』の優遇制度も受けられるのです。

また、子どもたちが独立するタイミングは住み替えを考えるいい機会。

 

今後の生活で必要ないスペースを活用して賃貸併用住宅にするなど、ライフスタイルの変化に応じて住宅購入方法を見極める必要もあるのです。

 

住宅を購入する理由には共通点がある

ここでは、住宅を購入する理由を5つに分けて解説します。

 

賃貸住宅で支払う家賃が勿体ない

賃貸住宅は毎月家賃が発生します。

 

賃貸住宅は文字通り「貸してもらっている住宅」なので、退去しない限り必ず支払う必要があるのです。

また、土地価格の変動により家賃が変動(値上がりなど)する場合も。

 

毎月家賃を支払っても、住んでいる賃貸住宅が自分の資産になることはありません※まれに大家さんから「この部屋を買わないか」と打診されることもあります。

そうしたことから、自分の資産にならないのに毎月家賃を支払うことをも勿体ないと感じる人は、住宅を購入しているのです。

 

将来資産として残すため

住宅購入すると資産となり、売却しない限り保有し続けられます。

 

不動産は資産の代表格でもあり、土地価格の高騰など状況によっては購入したときよりも高く買い取ってもらえる場合もあるのです。

就労状況が不透明な現在においても、資産運用目的で住宅購入するサラリーマンもいます。

 

また、自分の子どもに託す目的で住宅購入を検討する人も。

 

老後の生活を安心して送るため

住宅を保有していると、売却しない限りはその住宅に住み続けられます。

 

老後の不安の一つに住居に関することも含まれていますし、生活の拠点があることは精神的にも安定します。

定年退職した後に住居購入するケースもなかなかありません。

また、老後の賃貸住宅契約にはさまざまなハードルがあります。

 

そうした不安を考慮して、住宅の購入を進める人も多いのです。

 

思い通りの暮らしを送るため

保有した住宅は自由に設計できます。

 

「休日はバーベキューで人をもてなしたい」「広いリビングで家族でゆったり過ごしたい」など、住宅を保有していると思い通りの暮らしが送れます。

賃貸住宅ではそうした自由が反映できません。

 

また、建売住宅では自由設計できません。

「全て自分で決めたい」と思っている人には注文住宅をおすすめします。

 

将来の経済負担を減らすため

資金に余裕がある・収入が安定しているときに住宅購入する人も多いです。

 

定年退職など仕事の第一線から退くと、毎月定期的に収入が得られるのは年金程度しかありません。

それ以外にも、体調によってはケガや入院など想定外の出費が必要になる場合も。

 

そうした不安を解消する上で、早めに住宅を購入する人も存在します。

 

単身世帯で住宅購入する傾向が見られる

最近では、単身世帯の「住宅購入」の高まりも見られます。

 

単身世帯と言っても、結婚していない未婚世帯や配偶者との離別や死別など、状況もさまざま。

総務省が行なった国勢調査では、平成2年度~平成27年度の25年間で単身世帯の持ち家率は増加傾向との結果が出ました。

 

併せて、統計結果によると女性単身者の住宅購入が男性単身者の住宅購入を上回っています。

女性が積極的に社会進出していることを背景に、社会的自立の意識が高まり人生設計を考えて住宅購入する世帯が多くあるのです。

 

こうした単身世帯が住宅購入する理由を以下にまとめました。

 

・結婚した後の住まいが欲しいから

・将来の資産として残したいから

・自由に暮らせる場所としたいから

 

こうした単身世帯の住宅購入は年々増加傾向です。

 

子どもを作らない『DINKS(ディンクス)』世帯も増加中

子どもを積極的に作らない『DINKS(ディンクス)』世帯も増えてきています。

 

『DINKS』とは、Double Income No Kidsを略した言葉。

意味としては、あえて子供を作らず夫婦共働きで暮らすと生活スタイルです。

こうした夫婦だけの世帯や子供が独立して手が掛からなくなったシニア世帯でも、新築住宅購入を検討するタイミングがあるのです。

 

『DINKS』だけではなく夫婦だけの世帯で共働きしている家庭なら、以前のような夫婦関係と異なって、お互いが動きやすい立地や利便を優先します。

『DINKS(ディンクス)』世帯の住宅購入理由をまとめてみました。

 

・理想のスタイルが実現できる生活を送りたいから

・住宅を将来の資産にしたいから

・老後の安心材料としたいから

 

また、「駅に近い」「買い物がしやすい」などの利便性に重点を置く場合は、立地の良い土地で狭い住宅で生活するスタイルが一例です。

 

シニア世代には高性能住宅が人気

シニア世代には高性能住宅が人気を集めています。

 

心身ともに健康なうちに、老後の暮らしを見据えたコンパクトで生活しやすくかつバリアフリーも完備した住宅購入が一例です。

さらに、高性能住宅はメンテナンスなど住宅に欠かせないランニングコストが掛からない住宅でもあります。

 

こうした面から考えても、高性能住宅は老後を安心して暮らすための選択肢の一つでもあるのです。シニア世代の住宅購入理由は以下の通りです。

 

・老後の暮らしを考えると住宅購入がベストと思ったから

・サポートが充実した生活を送りたいから

・子どもなど次世代に住まいを残したいから

・経済負担の少ない安心した暮らしを送りたいから

 

子育て世帯が建てる場合が多い新築住宅は、住宅を購入するタイミングは子育て前や子育て以降など、長いスパンでも考えられます。

 

二地域居住や田園回帰なども登場

テレワークやリモートワークの普及も相まって、『二地域居住』『田園回帰』なども登場しています。

 

『二地域居住』とは、平日は都市部・週末は地方でのんびり過ごす生活スタイルで、『田園回帰』とは、利便性が高い反面騒音などの問題がある都市部を離れて、静かでのんびりした生活が送りやすい郊外などの田舎に生活の拠点を置く生活スタイルです。

 

仕事や生活の状況に応じて、柔軟に対応する環境も整ってきたことは最近になってみられる特徴なのです。

 

住宅を購入するタイミングは人それぞれ

ここまで、生活スタイルの多様化によって住宅へのニーズが多様化している住宅事情を解説してきました。

 

以前は「子育て世帯が家を建てる」ことが一般的な認識でした。

しかしながら、現在はその様相も大きく変化しました。

結婚する前や事情によって単身世帯になった人、子どもが居ない世帯や『DINKS』に見られるように敢えて子どもを作らない共働き世帯。

 

また、子育てが終わったシニア世帯にも、将来を考えて住宅購入するタイミングもあります。

一般的な考えに動かされることが多い住宅購入。

しかし、その人が思い描く理想の生活を実現するために、さまざまな生活スタイルで自由に暮らすことは、長い人生でも大切なことかもしれません。

 

まとめ

今回は、ライフスタイルの多様化に適した住宅選びをテーマに、さまざまな角度から考察しました。

ライフスタイルの変化は人によって違いますし、無駄のない快適な住宅選びをしたいもの。

今回の記事を参考にして、快適で長く生活できる住宅を選んでみてはいかがでしょうか?

会員限定物件3,689件を閲覧できます!

会員になると、新着新築一戸建てを自動でマッチングし通知する「希望条件マッチング機能」や
会員限定物件をすぐに閲覧することができます!

今すぐ会員登録する