2023.09.21
環境

神奈川県で購入した一戸建てはWi-Fiが繋がりにくい!そんなトラブル防止のおすすめ方法とは!

神奈川県の建売住宅のWi-Fi環境が悪いなどのトラブル防止のおすすめ方法まとめ

目次

 

神奈川県においても、購入した一戸建てにWi-Fiを設置したものの、電波が弱く繋がりにくいという声を聞くことがあります。

自宅内でのWi-Fi通信トラブルは、現代では情報伝達の遮断に繋がるため、なるべくなら避けたいところです。

一戸建てのWi-Fiが繋がりにくい理由として、部屋数と位置が大きく影響します。

そのため、一戸建てのWi-Fi設置に関しては、ルーターや中継器の設置計画、無線と有線の使い分け、さらには壁との干渉などをしっかりチェックする必要があります。

そこで今回は、購入した一戸建てでWi-Fiが繋がりにくいというトラブルを避けるべく、よくある症例、通信の安定化、導入のポイントについて解説します。

これから一戸建てを購入する人は、ぜひ参考にしてください。

よくあるWi-Fiの悩み

自宅でWi-Fiを利用する上では、通信トラブルの回避が必須となります。

今では家電にも、Wi-Fi接続によって得られる機能が一般的になりつつあるため、起こりやすいトラブルを事前に把握し、対策しておくことが重要です。

この章ではよくあるWi-Fiの悩みと、その解消のヒントについて解説します。

繋がりにくい

神奈川県下に限らず、一戸建てにおけるWi-Fiにおいては、通信会社のトラブルや周辺環境の変化が原因だけでなく、同時接続している数も少なからず影響します。

そのため、普段使っていない電子機器や家電にWi-Fiを繋いでいる場合、一旦、接続を切って通信速度などの指標について確認することもひとつの手段です。

また、家族が同時に使うことで通信速度が落ちることもありますが、その場合は、Wi-Fiの接続タイミングを少しズラすだけで、解消することもあります。

Wi-Fiが繋がりにくい要因は、些細なきっかけから生まれることもあり、意外に接続と遮断をやり直すだけでも回復するケースは多いです。

なお、慢性的に接続ができない、接続できない頻度が高い場合は、通信会社の不具合、屋内への引き込み部分でのトラブルが起きている可能性もあります。

そのような場合は、通信会社のサポート窓口へ問い合わせするようにします。

通信が不安定

Wi-Fiの通信トラブルには、

  • そもそも繋がらない
  • 繋がっても通信状況が不安定

という2つの原因に大別されます。

どちらにしろ、まず、通信トラブルが起きた場合は、Wi-Fiルーターを再起動して様子を見ることもおすすめです。

また、Wi-Fiルーター周辺に物があふれていると電波が通りにくくなり、特に金属製品があると電波が遮断されてしまいます。

ゆえにWi-Fi通信が不安定になっている場合は、ルーターの再起動、その周辺にあるモノを片付けてみることもポイントです。

なお、Wi-Fiルーターが高速通信のモデルだったとしても、最大速度が出ていない可能性もあります。

このような場合は通信状況を改善することが難しいため、通信会社推奨のルーターに買い替えを検討するとよいです。

2階まで届かない

1階にWi-Fiルーターを設置することはよくありますが、1階の天井と2階の床にある建材に電波が遮断されてしまい、2階まで届かないことがあります。

実は2階建て住宅では起きやすいことで、寝室でスマートフォンを見ているとWi-Fiが繋がらないという経験も少なくないはずです。

仮に建材が原因となっている場合、住宅の構造によっては解決が難しいこともあり、中継器の設置やWi-Fiの回線自体を増やすというような対策が必要になります。

通信事業者にこだわらないならば、電波をキャッチできない立地に強いCATV事業者のインターネット回線の利用も一考の余地があります。

神奈川県の一戸建てにも対応可能なため、2階まで安心してネットが利用できるプランを相談することも解決手段のひとつです。

よくあるWi-Fiの悩みとは繋がりにくい、通信が不安定、2階まで届かないなど

簡単なWi-Fiの安定化

Wi-Fiは多くの外的要因を受けるため不安定になりやすいですが、比較的簡単な方法で安定させることができます。

そのため、一戸建てを購入する前に、あらかじめポイントを押さえ、Wi-Fiのトラブルを回避する準備をすることをおすすめします。

神奈川県内で行われている一戸建ての見学会などの機会で、実際にスマートフォンを使って、Wi-Fiの通信状況をチェックすると、後になって後悔することはありません。

もし、不安定な部屋があるのであれば、具体的な対策が浮かび上がるため、メリットはあります。

無線ではなく有線

通信環境を安定させる方法として、もっとも簡単なのは有線に切り替えることです。

Wi-Fiの通信技術は向上し続けていますが、まだまだ有線の方が通信速度は早く、安定します。

また、セキュリティ面も無線より強固になるため、Wi-Fiの通信環境を改善できない場合には、有線での接続を試みましょう。

ただし、有線での作業は場所が制限されてしまい、Wi-Fiのようにどこでも作業できるわけではありません。

そのため、通信の負荷が高い作業は有線を使って行い、それ以外はWi-Fiを利用するなど、使い分けが必要になるケースもあります。

特に2階へ光ケーブルなどを引き込みやすいかどうか、建売住宅なら事前に確認しておくとよいです。

モバイル回線との併用

スマートフォンはWi-Fiに繋がなくても、モバイル回線を契約していますから、エリア内であれば通信することは可能です。

ゆえに一時的なWi-Fiの不具合回避に対する応急的措置として、モバイル回線でスマートフォンを利用することはできます。

ただし、この方法が頻発すれば、モバイル回線の通信容量が増加するというデメリットは避けられません。

契約している通信容量をオーバーすると、通信制限がかかってしまい、満足な通信環境を得ることが難しくなります。

そのためモバイル回線、既契約のWi-Fiとは別に、緊急用に3つ目のモバイルWi-Fiを最安値プランで契約しておくという方法も有効です。

簡単なWi-Fiの安定化は有線やモバイル回線との併用

Wi-Fi導入ポイント

Wi-Fiの通信を安定させるために、導入時にはいくつかポイントを押さえておく必要があります。

神奈川県で一戸建てを購入する予定ならば、家具の配置に加え、Wi-Fiルーターの置き場所もしっかり考えることが肝心です。

ただし、2階建ての場合はどうしても電波が弱くなる場所が発生してしまうため、ルーターの位置とは別の対策も必要となります。

この章ではWi-Fi導入時のポイントについて解説します。

構造や間取りを考慮

一戸建てが木造なのか鉄骨造なのか、平屋なのか2階建てなのかによってWi-Fiの通信環境は変わります。

たとえば鉄骨造の2階建て住宅にWi-Fiを導入する場合、2階の通信が弱くなることの対策を重点的に行う必要があります。

しかし木造の平屋であれば、どの部屋も良い通信環境となる可能性は高いです。

神奈川県の人気エリアで購入予定の一戸建てについては、ネット環境も含めて設計されているかどうか、念のため聞いてみることをおすすめします。

また参考までに、設計上の工夫や過去の通信トラブルなどの情報も得ておくとよいです。

ルーターの設置場所

Wi-Fiの通信状況は、ルーターの設置場所によって大きく変わります。

ルーターからの電波は同心円状に広がっていくため、理想の位置は家の中心です。

しかし生活動線と家事動線を考えると、邪魔になることが多く現実的ではありません。

そのためリビングもしくは1階にある部屋の端に置くのが一般的ですが、この場合はルーターから最も遠い位置にある部屋の通信状況が悪くなる可能性が高まります。

なお、Wi-Fiの速度について気になる場合は、Googleで「インターネット 速度」などのキーワードで検索すると、計測ツールがヒットします。

計測の結果、動画視聴であれば30Mbps程度、Webページ閲覧やSNS、メール送受信であれば10Mbps程度でも問題なし判断してよいです。

各居室での通信速度測定により、具体的な数字で繋がりにくいかどうかが判断できます。

中継器の活用

1階にルーターを置いた場合、2階の通信状況は1階よりも悪くなってしまいます。

家族が集まりやすく、テレビでの動画視聴や家電などWi-Fiの必要性が高いデバイスが多くあることを考えると、まずリビングにルーターを設置するのが基本です。

どうしても通信が弱い場所には、中継器を設置すると改善されます。

中継器とは、Wi-Fiルーターからの電波を受信し、周辺に向かって送信する機器のことです。

2階の寝室や子ども部屋など電波が届きにくい場所に中継器を設置することで、家全体をカバーすることができます。

ただし中継器は、Wi-Fiルーターから電波を受けて、それを中継して遠めのデバイスに供給しているだけの機能であり、電波の発信源ではありません。

ゆえにWi-Fiルーターからの電波が弱ければ、中継する電波も弱いままであり、さらに中継器を使うことで若干の電波減衰も発生します。

もし中継器を使っても電波状況を改善できないならば、Wi-Fiルーターを追加で設置することも検討することになります。

Wi-Fi導入のポイントは構造や間取りを考慮しルーターの設置場所を考えたり中継器を活用すること

まとめ

一戸建てを購入して引っ越した後、今まで使用していたWi-Fiルーターを使って接続したにも関わらず、電波が悪くて通信できないというトラブルはよく起きます。

Wi-Fiの電波は構造や間取りの影響を大きく受けるという点があり、一戸建てを購入する際にはWi-Fiルーターの設置場所を十分に検討しなければなりません。

また、Wi-Fiの電波は建材を通過することで弱くなるため、2階建てはどうしても十分に受信できないことがあります。

このような問題を解決するには、中継器の活用やWi-Fiルーターの増設などを考慮することが重要です。

神奈川県でWi-Fi環境の優れた一戸建てを探したいときは、リブワークのe建売netにお任せください。

また、神奈川県で新築一戸建ての購入を検討している方で、ネットも快適な物件をお求めの方は、リブワークにぜひご相談ください。

会員限定物件1,945件を閲覧できます!

会員になると、新着新築一戸建てを自動でマッチングし通知する「希望条件マッチング機能」や
会員限定物件をすぐに閲覧することができます!

今すぐ会員登録する