2021.08.05
建売住宅

福岡県内で建売住宅を購入したい人必見!メリットや注意点を徹底解説

建売住宅を購入するときのメリットやデメリット、注意点とは?

目次

 

こんな考えを持っている方いませんか?

 

「福岡県内で建売住宅を購入したいけど分譲住宅との違いが分からない」「福岡県内で建売住宅を購入する前に知っておくべきことは何?」「後悔しないために建売住宅についてしっかり勉強したい」

 

住宅購入は大きな出費ですし、購入後に失敗したと分かってもすぐ買い替えできません。

一生のうちで何度も購入することない建売住宅。どうせ購入するなら納得して購入したいもの。

 

そこで今回は、『建売住宅を購入したい人必見!メリットや注意点を徹底解説』と題して、建売住宅の基礎情報や建売住宅を購入するメリット、建売住宅購入前に押さえるべきデメリットや注意点などを解説していきます。

 

今さら聞けない建売住宅のこと

ここでは、建売住宅の基礎知識を解説します。

 

「建売住宅と形はイメージできるけど詳しく知らない」方は要点を押さえておくと安心です。

 

建物と土地がまとめて購入できる

建売住宅とは、住宅が完成していて建物と土地をまとめて購入できる物件。

 

大半の場合、建築は購入者決定前にスタートします。設計の段階では購入者が決まっていないので、間取りやデザインに購入者の希望が反映されることはないのです。

 

また、建売住宅は1棟ずつ個別販売される特徴も。建物の建築中や建築完成した状態を見てから、購入するかしないかどうか決められます。この点が、注文を受けてから建築する注文住宅とは大きく違うところなのです。

 

ちなみに、売主が「建物と土地を同時に売りたい」と考えている場合では建売住宅として販売されるケースが大半です。購入者側からみても、建物と土地をまとめて購入できるため手間が発生しないメリットもあります。

 

分譲住宅と違う点

建売住宅と分譲住宅で共通しているのは以下の点です。

・戸建住宅であること

・住宅と土地が一括購入できること

・建物が完成してから販売されること

 

しかしながら、分譲住宅が分譲地に建築されている点は建売住宅とは異なります。多くは、番号がつけられた土地に似たようなデザインの建物が何棟も並んで建っています。

 

販売時には全区画に建てられた住宅を一斉に売り出されます。同じデザインや建材を使った建物を一度に数戸建てるので、可能な限りコストを抑えて建築できるメリットも。また、売り出し価格も安くなっているので、購入する側としてもローコストで購入したい場合におすすめです。

 

建売住宅購入で得られる4つのメリット

ここでは、建売住宅購入で得られる4つのメリットを解説します。

 

予め設計が全部決まっていて自分で決めなくてもいい

基本的に、建売住宅は間取りや外装、内装が全て決まっている場合が大半です。

 

そのため、自分たちで建材や間取り、設備を決めなくても良く注文住宅に比べて早く購入できます。建売住宅はスタンダードで無駄のない間取りの家が大半なので、どんな家族構成でも住みやすいと感じるのではないでしょうか。

 

間取りやデザインに大きなだわりが無ければ、注文住宅ではなく建売住宅が合っているかもしれません。基本的な間取りは決定済みで床材やクロスが自由に選択できる『セミオーダー型建売住宅』も多く見られるようになりました。

 

「全然オリジナリティが無い住宅は寂しい」と考えている方には、セミオーダー型建売住宅をお勧めします。

 

注文住宅よりも低価格で購入しやすい

建売住宅は、注文住宅より低価格で購入しやすいのも特徴です。

 

住宅支援機構が提供している『フラット35利用者調査』によると、2019年度の土地付注文住宅の平均所要資金は4,257万円ですが、建売住宅の平均所要資金は3,494万円。

 

建売住宅はハウスメーカーが土地や建材をまとめて購入して住宅を建てることで、販売価格のコストダウンが実現します。土地探しから始めていて、できるだけ住宅購入費用を抑えたい場合は建売住宅がおすすめ。

 

即入居で生活設計しやすい

既に完成している建売住宅なら、契約完了後即入居できます。

 

お子さまの入学や就職などタイミングに合わせて引っ越しできます。併せて、完成した住宅を内覧できれば「イメージと現実の住宅が違った」というトラブルも避けられます。

 

自分の目で間取りを把握することで、入居した後の生活がイメージしやすくなるのです。

 

土地探しと住宅設計がまとめてできる

建売住宅は土地探しと住宅設計がまとめてできます。

 

土地から購入する場合では土地探しと住宅設計を同時進行する必要があります。建売住宅ならこれらをセットで決められるので手続きがスムーズに進むのです。

 

建売住宅は住宅ローンを申し込むときも土地と建物代金を一括払いできます。そのため、住宅ローンの返済計画も立てやすい特徴もあります。

 

建売住宅を購入する前に押さえるべき4つのデメリット

ここでは、建売住宅を購入する前に押さえておきたい4つのデメリットを解説。

建売住宅には多くのメリットが存在しますが、反面デメリットもあります。

 

理想が反映されない

建売住宅は、注文住宅のように間取りやデザインなど自分たちの理想が反映されません。

 

ほぼ完成している住宅に入居するので、「家にはこだわりたい」と思っている方にとって物足りなく感じるかもしれません。注文住宅は「この部分は予算掛けられるけど、それ以外は予算掛けたくない」など工夫できますが、建売住宅ではそうした工夫はほぼできないのです。

 

こうした点は建売住宅の大きなデメリットです。

 

立地が既に決まっている

建売住宅は住宅と土地がセットで販売されています。

 

そのため、「価格や住宅は問題ないけど立地が少し気になる」場合もあるかもしれません。立地と住宅どちらを重視するかは、建売住宅を購入する上で大きなポイント。

 

しかし、不動産会社は市場に出回る前に利便性の高い土地を買い占めることが多いので、立地が良い建売住宅が見つかりやすい傾向です。「建物も立地も問題ない」と思える物件を探すことをおすすめします。

 

安全性が確認できない場合もある

注文住宅は、基礎工事から完成まで全工程を施工主がチェックしています。

 

そのため、疑問に感じる点があれば都度ハウスメーカーの担当者に相談できる環境です。しかし、建売住宅は既に住まいが完成しているので基礎や地盤部分が確認できません。

 

そうしたこともあり、住み始めてから欠陥が見つかった事例も多く存在します。こうした住宅を選んでしまうと家の寿命が短いと感じる場合もあり、建物の基礎が確認できない点はデメリットです。

 

メンテナンス費用が発生する場合もある

お手頃価格で販売されている建売住宅は、あまり質が高くない建材や設備が使用されていて劣化しやすい場合もあります。

 

屋根や外壁などが劣化した場合には、メンテナンスに10万円~100万円程度発生することも珍しくありません。キッチンやバスルームなど水回り設備もグレードが低いと破損しやすく頻繁にメンテナンス費用が発生する可能性が高いのです。

 

ただ、そうしたことはあくまでも設備の問題で住宅自体の寿命が短くなることはほぼないのでご安心ください。

 

建売住宅を購入する時に押さえるべき7つの注意点

最後に、建売住宅を購入する押さえるべき7つの注意点を解説します。

 

アフターサポートの有無をチェック

住み始めてから欠陥に気づいた場合は、早く修繕対応してもらうようアフターサポートサービスを完備しているハウスメーカーを選びましょう。

 

近頃は10年保証が付いている建売住宅が主流ですし、アフターサポートの説明が無いハウスメーカーにアフターサービスの有無を確認しておくと安心です。また、アフターサポートが付いている場合には「どこからどこまで無償で対応してくれるのか」も併せて確認しておく必要もあります。

 

なぜ安いか確認

購入を検討している建売住宅がお手頃価格だった場合、『価格が安い理由』を確認することをおすすめします。

 

ハウスメーカーが使っている資材や導入設備のメーカーなど、内覧するときに確認しておくと安心です。大手ハウスメーカーのギャラリーやモデルルームで展示されている高性能住宅と比較すると、資材や設備の違いが見分けらるようになり建売住宅が安い理由も理解できるのです。

 

ちなみに、建売住宅以外にもモデルハウスも下見しておくと住宅情報に詳しくなれます。

 

ハウスメーカーの口コミをチェック

建売住宅を販売しているハウスメーカーの口コミもチェックしましょう。 

 

口コミだけが全てではありませんが、家づくりに対する姿勢や担当者の対応、アフターサポートの内容を把握できます。良い口コミが並んでいるハウスメーカーを見つけたら、展開している建売住宅を探してみるのもハウスメーカー選びのポイントなのです。

 

見学時に設備をしっかり確認

建売住宅を内覧するときには、住宅の中で使われている資材や設備、窓やドアなど頻繁に使う部分をしっかり確認しておきましょう。

 

バスルームやキッチン、洗面台など水回り設備はグレードの幅が広く「どれくらいの設備が採用されているのか」を漏れなく確認することもおすすめ。併せて、自家用車を所有している場合は駐車スペースの広さも確認するとしっかり停められるかどうかも確認できます。

 

点検口が存在しない建売住宅は注意

屋根裏や床下の中が見える点検口は、配管類や構造体を確認できるように設けられています。

 

しかし、建売住宅の中に点検口が設けられていない物件もあるのです。点検口を使用するのは主に施工業者で日常生活ではほぼ使うことはありません。ただ、メンテナンスする場合に点検口が無いと困るので購入時に確認することを忘れないようにしましょう。

 

オプション工事の有無を確認

建売住宅の中には住宅に付いていると考えられる設備が付いていなくて、やむを得ずオプション対応してもらう場合があります。

 

代表的な設備としては、網戸やカーテンレールがあげられます。購入を検討している建売住宅にどんな設備が付いているのか、細かな部分まで確認することもおすすめです。

 

住宅性能表示と証明書があるか確認

ZEH住宅や長期優良住宅など、住宅性能表示と証明書が備え付けられているか確認しておきましょう。

 

万が一こうした性能表示が無い場合でも、建築確認済証や検査済証、地盤調査の報告書が確認できればしっかり建てられている住宅の可能性は高いです。こうした証明書が確認できない建売住宅は購入を避けたほうが無難です。

 

ちなみに、地盤調査が行なわれてないと住宅瑕疵担保責任保険にも加入できません。

 

まとめ

今回は、建売住宅の基礎情報や建売住宅を購入するメリット、建売住宅購入前に押さえるべきデメリットや注意点などを解説しました。

 

設計や立地など変えられない事を理解できるなら、建売住宅はコストパフォーマンスの良い住宅購入です。購入しようとしている建売住宅をしっかりチェックすることで、後悔のない建売住宅購入ができるでしょう。

会員限定物件3,688件を閲覧できます!

会員になると、新着新築一戸建てを自動でマッチングし通知する「希望条件マッチング機能」や
会員限定物件をすぐに閲覧することができます!

今すぐ会員登録する